電子タバコ通信
glo(グロー)

アイコス、グロー、プルームテックの比較 各”上位互換品”の紹介!

加熱式電子たばこ

各加熱式たばこが現在ブームとなっておりますが、紙たばこを辞めたきっかけはなんだったのか覚えていますか?

最終的に「禁煙できたらいいな」とか匂い副流煙健康といった問題がありました。

喫煙者が肩身の狭くなっている世の中ですが、せっかく加熱式たばこに変えたのに物足りなさを我慢している人もいると思います。

そして紙たばこにもどった人も。

せっかく健康面や匂い、副流煙、そして最終目的の禁煙に進むために加熱式たばこに変えたのに紙たばこに戻ってしまってはもったいない。

たばことして吸いごたえのある加熱式たばこの説明と上位互換品の紹介、そしてその他アフターパーツなどを紹介します。

 

加熱式たばこのメリット、デメリット

電子たばこアイコス、グロー、そしてプルームテックが加熱式たばこでメジャーなものですが、紙たばこから移行するメリットをお伝えします。

  • 副流煙がない(蒸気)
  • たばこの匂いが少ない
  • 壁紙の汚れが少ない
  • 比較的どこでも吸うことができる
  • 禁煙、分煙化が進むなか、電子たばこなら吸える場所もある
  • 火を使わない

アイコスもグローもプルームテックも加熱式たばこですが、低温で加熱するのか高温で加熱するのかでメリット部分が少し変わってきます。

 

副流煙がないといっていますが、言うならばただの水蒸気です。害はないということでペットや子供がいる家庭にオススメ。

火も使わないですし、やけどなどの事故防止にもなります。

たばこの匂いも少ないので、室内や車内で吸っても本人以外に害はなし。(ニコチン)

 

  • 吸いごたえが足りない
  • 充電がなくなると吸えない
  • 壊れると吸えない
  • なんだかんだ消耗品

紙たばこから電子たばこ、加熱式たばこに移行した人には分かっていただけると思うのですが、紙たばこと比べ吸いごたえが足りない。

1ミリのたばこを吸っている人ならそんなに気にならないかもしれません。

なので、ミリ数が少ない物を吸っている方はすんなり移行できるかもしれません。

重めのたばこを吸っている方は、禁煙するつもりで軽いたばこに移行しつつ加熱式たばこに移行するのが良いでしょう。

充電や故障は、当たり前なのですがなんだかんだ吸えない時間が増えてイライラしたり…。

メンテナンスが必要になるものもあるので、めんどくさい人にはちょっとオススメしづらい点があります。

 

加熱式たばこの種類別メリット、デメリット

アイコス、グロー、プルームテック

加熱式たばこと呼ばれている3種類の各メリットデメリットを紹介します。

まだ迷っている人は参考にしてください。

最後に各加熱式たばこの上位互換品の紹介をしております。
正規品のデメリットが解消されるため、上位互換品を使用したら元に戻れません。

 

加熱式たばこ累計販売ナンバーワン アイコス

電子たばこ

喫煙所でもアイコスを吸ってる人を良く見かけるようになりました。最近では色々な電子たばこを吸っている人も見かけますが、やっぱりシェアナンバーワンなのはアイコス。

メリットとしては、すでにメジャーになっている点、ヒートスティックがマルボロというのも吸ってる人が多い分、移行に難がなかった部分かもしれません。

アイコスのデメリットは

  • チェーンスモークできない
  • 毎回充電しないといけない
  • 余熱が必要
  • メンテナンスが必要
  • ヒートブレードが折れたりする
  • ヒートスティックがうまく刺さらなくて一本無駄にする

毎回充電が必要でチェーンスモークできないため、ホルダーを2個持ちしている人を見かけることがあります。

充電時間もあるため、休憩中に二本吸おうと思うと時間の問題で断念することに。

そして急いでヒートスティックをさそうとしたら折れてしまったり。

そして、約2箱分吸ったらメンテナンスが必要なこと。

メンテナンスをしっかりしないと有害物質を吸うこととなり、紙たばこより害があるかもしれません。

アイコス
IQOS(アイコス)の吸い方、使い方 メンテナンスは2日に1回!喫煙所が減り、飲食店でもたばこが吸えない場所が増えてきました。 10月1日からタバコの値上げもあり、肩身がどんどん狭くなるイメージ...

 

あまり話題にならないglo(グロー)

glo

同じ加熱式たばこの中であまり話題にならないグロー。

理由の一つとして、KENT愛用者が多くなかった点と、ケースごと持って吸うというのがあまり馴染まなかったことがあげられるかなと思います。

アイコスの互換機でも取り上げますが、箱型も徐々に出てきており、VAPEも箱型が増えています。

バッテリーの持ち、メンテナンスのしやすさが箱型にはあるのですが、持ち運びという点においては少々デメリットなのかもしれません。

メリットとしては

  • 連続吸いが出来る
  • クリーニングがラク
  • バッテリー持ちがいい
  • 加熱ムラが少ない

箱型のメリットとして、バッテリーの容量の都合や熱処理が可能なため連続吸いができる。

全体を加熱するので加熱ムラが少ない

メンテナンスも箱の裏からブラシを差し込んで抜き差しするだけ

意外にアイコスよりグローの方がいいかもしれません。

 

グローがこれだけいいものなら売れないわけがない!ということでデメリットは…。

  • 味がすぐになくなる
  • 本数が増える
  • 吸い殻が長くて邪魔
  • 加熱時間が長い(40秒)

後半になると味が薄くなるという面があります。ただ、吸い方だったりでみんな工夫しているようで、時間をあけて吸ったりしているようです。

そうなると結局味が薄くなって交換することにより、連続吸いが出来るメリットがここでデメリットになります。

本数が増える

こればかりは紙たばこ同様、自制心で対応しましょう。
後述しますが、プルームテックはずっと吸えてしまうので要注意。

吸い殻が長くて邪魔という点は、携帯灰皿にも折らないと入りきらないですし、既存の灰皿で考えても紙たばこなら短くなりますが、加熱式たばこはそのままの長さ。

吸い終わったたばこを入れるイメージですが、加熱式たばこは短くなりません。それを灰皿に置いたら数本でいっぱいになっちゃいます。

 

そして、加熱時間が40秒。約1分あると、休憩中加熱してるのに呼ばれてしまい、一本を無駄にする可能性も高い。

そういった点がデメリットとしてあげられています。

 

加熱式たばこの中で唯一違うプルームテック

PloomTECH

この3つですと、プルームテックは低温加熱のため余熱で待つ必要がなく、すぐに吸えること、そしてタールがでないため匂いもほぼなく、壁紙も一切汚れないというメリットがあります。

逆に低温加熱式のデメリットは、吸いごたえが満足いかない人が多いこと。

普通の電子たばこと仕組みが似ているため、電子たばこに移行するつもりならこのデメリットは解消されます。

アレンジ用のパーツも販売されているので電子たばこを検討している人にはプルームテックがオススメです。

ただ、やはりメインとして使用する人は少なく、車内や室内で吸うとき専用として、他電子たばことの二刀流、サブ機として使用されることが多くなってきました。

理由としては、やはり吸いごたえが足りない部分でしょう。ただ、ニコチンは入っているので、我慢するほどでもない時にサッとひと吸いできる気軽さがサブ機としてウケています。

たばこ
プルームテックの匂いや汚れ 室内や車内で吸っても平気なの?タバコの匂いって、非喫煙者は敏感に感じることが多くないですか? 喫煙所行っただけなのに匂いがついてしまったり、口臭スプレー等で対処...

 

各加熱式たばこのデメリットを解消してくれる互換品

アイコス編

アイコス上位互換のACE(エース)

アイコス互換機 ACE(エース)
アイコスの上位互換機ACE(エース)
使い勝手はグローに似ているが、アイコスのヒートスティックを連続3本チェーンスモーク可能!
バッテリーも国産で容量UP!アイコスのブレードだけで加熱するのではなく、全体を覆うように加熱する3Dベーキングシステム(特許出願中)に伴い吸いごたえもあがり、満足度もUP!
メンテナンスは、クリーンホルダーシステムで簡単分解、水洗いもできて常に清潔に使用できます!
アイコスの上位互換を手に入れよう!
商品名 ACE(エース)
タイプ 加熱式電子たばこ(ヒートスティック使用)
値 段 7,980円(税込、送料無料) 公式ページで割引も!
P R アイコスのデメリットを解消した上位互換品!特許出願中の3Dベーキングシステムで吸いごたえが足りなかった人もこれで満足。
この吸いごたえは、この商品でしか味わえません!

詳細ページへ公式ページへ

 

 

アイコスと同じように使いたい方にオススメ! iSMOKE(アイスモーク)

 

アイコス互換機 iSMOKE(アイスモーク)
小さな本体だけど、フル充電(90分)で13本吸えるパフォーマンス。そして1回1回のチャージは必要がないため、連続吸引できる!余熱時間は10秒とアイコスの半分。
アイコスのホルダー部分だけのような大きさで、重量は約30グラムでたばことライターのイメージで持ち運びができます。
吸った後もキャップを外してヒートスティックを捨てるだけ。中に残ることもありません。
ブレードをむき出しにでき、専用のブラシで簡単にメンテナンスできます。
商品名 iSMOKE(アイスモーク)
タイプ 加熱式電子たばこ(ヒートスティック使用)
値 段 7,800円(税別、送料、手数料別)
P R 公式サイトからの購入で安心の1年保証!ポイント還元もあり、他の商品も販売しています。期間限定サービスもあり。アイコスよりもコンパクトで持ち運び便利、メンテナンスが簡単、連続吸いができる!

詳細ページへ公式ページへ

 

他にもたくさんの互換機が出ているのですが、現状オススメできるのは上記2点。

というよりも、ちゃんとした公式サイトがあるという点と、補償の点を考えても上記2点がオススメです。

公式サイトはありませんが、安さでいえば断トツ。アイコスを持っていないけど、アイコス買うか悩んでいる人にはオススメです。

【最新改良版】iQOS アイコス 互換機GeFive 加熱式電子タバコ 約15本連続で吸えます バイブレーション機能搭載 恒温加熱 USB充電式日本語取扱説明書付き ハイクオリティ ブラック (黒)
GeFive

プラスも出ました。

 

グロー編

グローの互換品オススメはこちら!

グローファン待望の新商品!
ごめんなさい、正規品です。バージョンアップしていたなんて知らず…。

互換品は調べてみましたがありませんでした。

グローと同じように使用できるアイコス専用のアイテムはあるので、こちらに変えてアイコスを使用するのもいいかもしれません。

アイコス互換機 ACE(エース)
アイコスの上位互換機ACE(エース)
使い勝手はグローに似ているが、アイコスのヒートスティックを連続3本チェーンスモーク可能!
バッテリーも国産で容量UP!アイコスのブレードだけで加熱するのではなく、全体を覆うように加熱する3Dベーキングシステム(特許出願中)に伴い吸いごたえもあがり、満足度もUP!
メンテナンスは、クリーンホルダーシステムで簡単分解、水洗いもできて常に清潔に使用できます!
アイコスの上位互換を手に入れよう!
商品名 ACE(エース)
タイプ 加熱式電子たばこ(ヒートスティック使用)
値 段 7,980円(税込、送料無料) 公式ページで割引も!
P R アイコスのデメリットを解消した上位互換品!特許出願中の3Dベーキングシステムで吸いごたえが足りなかった人もこれで満足。
この吸いごたえは、この商品でしか味わえません!

詳細ページへ公式ページへ

 

 

プルームテック編

プルームテックはシンプルな構造がゆえに互換品がたくさん出ておりますが、オススメを紹介します。

 

プルームテックと遜色なし! C-Tec DUO(シーテックデュオ)

プルームテック互換機 C-Tec DUO
プルームテックの互換機C-Tec DUO。
使い方もプルームテックと変わらず、たばこカプセルを購入した際についてくるカートリッジをそのまま取り付けることが出来ます。もちろん、電子たばことして使用することも可能で、今後禁煙を考えてる方にもオススメ。カートリッジ部分のアトマイザーをリキッド注入タイプに変えることで味を変化させることも。吸いごたえが足りない人はアトマイザーを使用し、物足りなさをリキッドで補うこともできます!
商品名 C-Tec DUO(シーテックデュオ)
タイプ 電子たばこ(カートリッジ式)
値 段 2,484円(税込)4,000円以上で送料無料
P R プルームテックと遜色なし!お値段お手頃で互換品として利用できます。アトマイザーを交換して自分好みの味を探せます。禁煙後はVAPE代わりにも使用できるので無駄なし!

詳細ページへ公式ページへ

 

お値段激安なのに、60日保証あり、50パフお知らせ付き

オススメの理由は値段と、50パフお知らせ機能。本家となんら変わらないのにこの値段!

お知らせ点滅+バイブレーション機能付きも同じメーカーから出ています。

その他互換品も遜色ない出来栄えですが、安心して使えるバッテリーは1番最初にお伝えしたC-Tec DUOかなと思います。

お試しであれば、安いのを使用してプルームテックの使用感を試してみるのもありかも。

最後に紹介するのは互換品とは違うのですが、オススメ商品。

一応カートリッジは付きましたが、サイズが違うので見た目的にはオススメできません。

加熱式電子たばこのまとめ

色々な互換品が出てる中、安心して使えればと思い公式ページがあるものを優先して紹介しました。

バッテリーが爆発したり、簡単に故障壊れてしまう商品では困りますからね。

気になる商品がありましたら、各詳細ページに詳しく描いてあるので参考にして頂ければと思います。